いつまでも若いと思ってませんか?口の中に忍び寄るオーラル・フレイルとは??

一般の歯のはなし

年齢を重ねると、

みんな少しずつ筋力が衰え、体の動きも悪くなってきます。

こういう年齢を重ねて、心身の活力や筋力、社会活動が低下した状態を

フレイル

と言います。

フレイル?なんか、RPGに出てくる武器みたいでかっこいい?

たしかにこれもフレイルですが、このフレイルではありません。

今や、医学や介護の現場では

結構使われる言葉になってきてるんですよ。

そして、歯科の分野で言えば、

オーラル・フレイル

というのが問題になり、オーラルとは「口の」という意味ですから

その予防をしていこう、というのが今日のトレンドというわけです。

オーラル・フレイルとは?

唇や舌・歯やのど、食べたりしゃべったりする機能が

低下している状態ということですね。

たかが、口のことと思いますか???

以前、紹介しましたが日本人の死因にも関わってくる

深刻な問題だったりします

(以前の記事はこちら⇒誤嚥性肺炎について

ですから、現在の医学では「オーラル・フレイル」を防いで

口の機能を保つことを、人生100年時代の健康増進のために

とても重要視しているんですね。

さて、オーラル・フレイルを診断する具体的な項目を紹介しましょう。

1最近、滑舌が悪くなった

2お茶や汁物でもむせる

3さきいかやたくあん程度の硬さの物を食べることが難しい

4食欲がない

5食べこぼしが増えた

6舌や唇をかむことが増えた

ドキッ!!!!???

いくつか心当たりのある方は、

オーラル・フレイルの予備軍かもしれません。

オーラル・フレイルの予防法

さて、そんなオーラル・フレイルの予防ですが、

案外シンプルに成し遂げることができると思います。

以下のことを可能な範囲で実践してみましょう。

・食事

特に大切なのは、タンパク質とビタミン類ですね。

どうしても食事を簡単にすませようとすれば

コメやパン、パスタなどの炭水化物中心になってしまいますが、

肉や魚、卵、野菜が筋肉のもとになります

・会話、カラオケ

どんどん声を出しましょう。

大声で歌うことは、肺の機能を高めて口の機能も高めます。

そういえば、最近カラオケに行ってないな、、、

誰か、誘ってください(´・ω・`)

・口や頬の筋トレ

口を開けたり、閉じたり。

口を閉じて、頬をふくらませたりへこませたり。

まとめ

今回の記事は尊敬する

心療内科の明橋先生のハッピーアドバイスの内容を

参考にさせてもらいました。

いつまでも若くありたいものです。

今回も最後までお読みいただき

有難うございました(*^-^*)

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました