そんな大げさな。歯周病が命にかかわるなんてないでしょう。ーあっと驚く日本人の死因第5位とはー

一般の歯のはなし

「なーつのおーわりー」

夏もいよいよ終わりになりますね。

住んでいるあたりも

朝晩はだんだん涼しくなってきました。

桃パフェの季節が終わり、

いよいよ梨や栗、秋の味覚の季節になってきますね(*´▽`*)

(最初の写真は農工房長者さんの桃パフェの思い出です)

さて、楽しい話題から一転、

最近日本人の死因の順位が変わってきたらしいです。

皆さん、トップ3って昔勉強したことはありますか?

そらそうよ。

がん(悪性新生物)、心臓病、脳卒中

だったよね。

それが最近、老衰が脳卒中を抜いて

第3位に上がってきたようです

まあ、他に原因のない、自然死ということになりますね。

日本人の死因第5位とは??

さて、そんな中で死因の3~5位を

行ったり来たりしている病気があるんです。

しかもこれは要介護高齢者の死因では

なんと第一位に当てはまる病気です。

これは一体なんでしょうか???

、、、

、、

それは、

肺炎

です!!!

うーん、肺炎???

なんかピンと来ないな。

どうして肺炎が上位に入り込んでくるのでしょうか。

今回、キーワードとして

誤嚥(ごえん)性肺炎

という言葉を

是非、知ってもらえれば有難いと思います。

誤嚥性肺炎って何?

まず、誤嚥について

「ごえん」と読みます。

これは本来のどから食道に入るべき

食べ物や飲み物が誤って気道に入ってしまうことを言います。

ほら、皆さん、

むせるってことありますよね。

あれは誤って気道に入りそうなのを

体外に排出してくれるんですね。

ところが、年を重ねるにつれて

そういう生体防御反応が起きづらくなってきて

気道に入り込んだものが

そのまま肺の方に入り込んでしまうのです。

そこで発症するのが誤嚥性肺炎です。

歯周病と誤嚥性肺炎

さて、そんな死に至ることもある

誤嚥性肺炎から見つかった細菌を調べたら

驚くべき結果が明らかになりました。

なんと、その多くが歯周病の細菌を中心とした

口の中の細菌だったのです!!

これは大変!!

急いで口の中をきれいにしないと。

口の中の清掃を行い、歯周病の予防をすることで

(専門的にはプラークコントロールと言います)

誤嚥性肺炎のリスクが1/2になったというデータもあります。

ご年配の方は特に口腔ケア、入れ歯の手入れが大切ですね。

高齢者住宅などでも

歯科医師、歯科衛生士と提携して

継続的に来てもらっているところもありますね。

まとめ

今回、誤嚥性肺炎を歯科の立場で

口腔ケアの重要性のお話をしましたが、

誤嚥がないように舌や唇、頬の筋肉をトレーニングする

アプローチもあります。

ともあれ、実は歯周病はいろいろの病気に

影響することが知られてきています。

普段からのブラッシングや定期的な歯科受診に

こだわっていきましょう(*´▽`*)

今回も最後までお読みいただき、

有難うございました( ..)φメモメモ

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました