時代はメタルフリーに。-銀歯が無くなっていくのか-

一般の歯のはなし

日本人ではあまり気にならないかもしれませんが。。。

世界的に見て、

口の中に金属の詰め物が入っている、というのは

先進国の中では、日本特有のことなのだそうです

たしかに日本では金属のかぶせものや詰め物があっても

芸能人や有名人以外は、あまり気にならないですよね。

専門用語で金属のふたはインレー、かぶせものはクラウン、

他にもブリッジなど、いろいろな種類の金属がありますが、

どうして、日本では口の中に金属が使われているのでしょうか。

なぜ金属のかぶせものが多いのか

世界的に見れば、かぶせものと言えば

レジンと言われるプラスチックみたいなつめものや、

セラミックとかジルコニアという陶器や石に近いかぶせもの

有力であり、メタルが口の中に入ることは少ない印象です。

日本ではなぜメタルが浸透しているのでしょうか。

実は。。。

保険治療に広く用いられている金銀パラジウム合金という金属が

非常に安価で高性能、というところが大きな要因です。

保険内の治療で言えば、レジンという白い詰め物もありますが、

これは強度が心もとなく、割れたり欠けたりしやすい、

デメリットがあります。

そこで、かんで強く当たる部分、特に奥歯のかむ面などには

硬くて頑丈な金属を当てたいということですね。

この金銀パラジウム合金、通称「金パラ」が

ほとんどの治療で用いられているので、

日本における金属の使用は違和感なく広まってきました。

金属の欠点

さて、そんな金属を使わない治療が

メタルフリー治療であります。

金属特有の欠点があるので、できるだけ人体にやさしい成分を用いて

歯科治療をしたいということですね。

金属の欠点と言えば、

・見た目が悪い

・金属アレルギーのリスクがある

・歯ぐきに金属が溶け出して、色が変わることがある

・金属の劣化や、金属と歯の間から新たなむし歯ができやすい

等の理由をよく見かけます。

ですから、最初からリスクの無いセラミックやレジンでの治療に

してしまえば良いじゃないか!という考え方です。

メタルフリーについての私見

これは、あくまでも個人的な見解になります。

紹介してきた通り

世間の流れも

できるだけ金属を使わず、セラミックやレジンという

非金属を用いた治療が推奨される時代になってきました。

これらの多くは、保険外の自費治療になってしまうので、

割高になってしまうというところはありますが、

いろいろな面でメタルフリーが優れているのは事実だと思います。

ですから、おおいに勧められる理由もよくわかります。

しかし、今まで広まってきた銀歯というのも

日本国内における長年の研究工夫によってできたもので

ある程度長持ちし、決して悪いものではないという印象もあります。

また、かみ心地という点で、

セラミックよりもメタルの方がしっくりくるので

あえて奥歯をメタルで覆っている歯科医師の先生も知っています。

金属の悪いところばかりがピックアップされている風潮に

少し疑問も感じているところです。

まとめ

ここまでいろいろと金属のデメリットなどを書いてきましたが、

金属はダメ、セラミックやレジンにしなさい、

とは安易には言えません。

一番最良なのは、むし歯を作らず

ずっと自分の歯のままでいくことでしょう

どんな治療を施しても、

自分の歯に勝るものはありませんから、

まず、かぶせものをしなくても良いように

自分の歯をしっかり守っていく、

ということが予防の観点から大事だな、と思います。

本日も

最後まで

お読みいただき有難うございました(*’ω’*)

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました