結局さあ、歯みがき粉の選び方ってどうすれば良いの??

一般の歯のはなし

歯磨き粉ってあるじゃないですか。

あれって、たくさん種類あるでしょ。結局どれ選べばいいの

子供に歯磨き粉つけると

全然口開いてくれないんですけど、歯磨き粉って無しでもいいですか?

歯磨き粉は形状も様々ですし、

味とか、舌ざわりとか、多岐にわたります。

さて、歯磨き粉の選び方について

今回は解説していきましょう。

まず、結論から

そこで、

へへ、これがいいですよ。

とか、言ってしまうと

また他の歯科関係者から石を投げられます。

もちろん、知覚過敏を治したい、とか、歯周病に効く、とか

高濃度フッ素が入っている、とか

特定の目的で歯ブラシを選ぶのでないならば

結論は・・・

どれでも良いよ。

なのです(爆)

いや、適当だな、とか投げやりではなく、本気で

どれを使っても良いよ

となります。

いい加減にしろ!お前やる気あるのか!!!

罵声が聞こえてきそうですが。。

その理由についてお伝えします。

歯磨き粉の成分

それはほとんどの歯磨き粉に入っている成分って

共通しているんです。

具体的にその一部を紹介すると・・・

研磨剤ー歯の表面の汚れを落とす成分を含んでいます

発泡剤泡だてブシャーーーーーー、梨汁のごとく歯磨き粉を拡散させます

香味剤ーいろいろな味付けがありますよね

保存料ー歯磨き粉を劣化させない成分です

●虫歯予防のフッ化ナトリウムやフッ素化合物。要はフッ素です。

●歯周病予防の成分

●知覚過敏をおさえるはたらき

●歯を白くする成分

などなど、ほかにも沢山あります。

要は、ほとんどの歯磨き粉には

共通してそのすべての成分が入っているのです。

ですから、

本人にあったものが見つかれば、

さほど大きな失敗はありません。

ただ、狙いがある場合は話は変わってきます。

歯周病を治したい、とか

歯を白くしたい、とか

明確な狙いがある場合は、それに特化した歯磨き粉を選びましょう。

これは、専門の先生が自身をもって教えてくれると思います。

歯磨き粉をつけすぎない、もしくは使わない選択も?

前述のとおり、歯磨き粉は

歯にとって良いとされる成分ばかり入っています。

事情無く、使わない、勧めない、理由はありません。

ですが、

一つだけ

大きな欠点があります。

それは、

歯磨き粉をつけすぎることで

磨き終わった満足感、充実感で

実際歯面に当たってないので

歯みがきを終了してしまうこと

です!!!

心当たり、ありませんか?(私はあります( ´ ▽ ` )ノハーイ)

ですので、きっちり歯の全体を磨くために

あえて歯磨き粉を使わないという方も確かにあるのです。

また、歯磨き粉を使うと

うぇっとなってしまう子供さんなど、

あう種類が見つかるまでいろいろためしてみるとか、

最後使わない、という選択もないこともないのです。

まとめ

内容の通り、自分の狙いにあった歯みがき粉を選べば良いと思います。

ただ、つけすぎ注意でお願いします<(_ _)>

一応、自分の歯科医院で勧められているものもあるので、

気になる方は個人的に連絡いただければお伝えします。

今回も

最後までお読みいただき

有難うございました(*´ω`*)

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました