一目でわかる!?だらだら食べがいけない理由とは

一般の歯のはなし

炭酸飲料をちびちび飲みながら勉強、

お菓子をつまみながらの勉強、

気付いたらついつい1パックまるごと食べてしまった・・・

はい、私も受験生の時とか、

よくやりました。

なんというか、背徳感がありますね。

でも、それらのことがなぜダメか?

一目でわかる画像を持ってきました。

これです!!!

ステファンカーブとは

(山口県歯科医師会から画像をお借りしました)

え、ちょっと難しい?

これはステファンカーブと言われます。

むかし、理科などの授業で

ペーハー(pH)って勉強しましたね。

あの7を下回ったら酸性、7を超えたらアルカリ性というものですね。

口の中の普段のpHは6.8-7.0付近、つまり中性に近いです

しかしながら、口の中に酸味のあるものや、甘いものが入ると

一次的にpHが下がります。

つまり酸性になります。

はい、酸ってものを溶かしていきますよね。

そうです。歯を溶かすpHというのがあり、

それが大体5.5くらい

これより酸が強くなると、歯が溶け始めます。

うわっ、大変!!?

しかし普通は唾液には緩衝能というのがありまして、

pHを7付近に戻してくれます

連続的に酸性の飲食物が入ってくると・・・?

ですから食事と食事の間に十分な間隔があれば

そこまで歯が溶けることはないですが、

連続的に酸性の飲食物を口にすると、、、

中性に戻っている暇がありませんよね。

歯が溶ける状態が生まれてしまいます。

これがだらだら食べ、だらだら飲みがダメな理由ですね。

口の中の酸性をできるだけ中和しよう

甘い飲食物を中和するには、一番は歯みがきです。

しかし、出先で歯みがきができなかったとすれば

お茶や水で中和することにしましょう

特に寝る時は唾液の活動が弱くなりますので、

寝る前は口の中に酸味を残さないことにしましょう。

毎日フルーツをかじったまま寝ていた人の歯が溶けた・・・

という症例も診たことがあります。

まとめ

だらだら食べ、だらだら飲み、

わかっちゃいるけどやめられないんですよね。。。

ですから、絶対やめなさい、と強く言える立場ではありません。

ので、一緒に頑張りましょう!!( ´艸`)

今回も

最後までお読みいただき有難うございました(*´ω`*)

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました