入門 -歯医者に就職したい人へアドバイス-①

歯科医院に就職したい人へ

歯科助手という仕事

今や、コンビニより数が多いと言われる歯科医院。

数々の求人サイトや広告で

「歯科助手」募集!!

という情報を目にすると思います。

・未経験の方でも大丈夫

・年齢は問いません。自分にあった働き方ができます

などの案内が見られます。

とは言え、患者の立場としてしか

歯医者に行ったことのない人が

「はたして私は働けるのだろうか?」

と不安に思う方も多いのではないでしょうか。

「歯医者で働いてみたい!」

という人へ

歯科医の立場として、

歯科医院にアルバイトや正職員として就職することについて

今まで経験したことを元に、お伝えしたいと思います。

歯科医院の関わる人達の資格

歯科医院は基本的に歯科医師歯科衛生士

そして歯科助手の構成で成り立っているところが多いです。

歯科技工士という職種もありますが、

これはいる歯医者さんといない歯医者さんがあるので

今回は省略します。

簡単にお伝えすると、

歯科医師ー歯学部で6年間勉強し、国家試験を合格した人。削ったり詰めたりすることができる職業です。

歯科衛生士ーこれも国家資格です。大学や専門学校で勉強し、国家試験を合格した人で、口の中を綺麗にしたり、口の中の指導を行ったりする職業です。

歯科助手ー簡単な資格があることもありますが、特に資格は必要ありません。歯科医師や歯科衛生士のサポートをしたり、電話応対や受付業務、事務作業など、やることは多岐にわたります。

というわけで、

歯科医院に入る時、

専門的な勉強をしてきた上で医療に携わる

歯科医師歯科衛生士という職種と、

今まで勉強したことのない新しい分野で新しく学んでいく

歯科助手という職種にわかれます。

特にこの記事を読んでいる人は

歯科助手にあたる方が多いと思いますので、

そこを重点的にお伝えしたいと思います。

はじめて覚えることばかり

先ほどお伝えしたとおり、

正直、歯科医院は覚えることが多く、

とまどうことばかりだと思います。

敷居も高いだろうな。

という印象もあります。

それでも、

個人的な願いとして、数ある仕事の中から

歯科医院という場所を選んで

そこでチャレンジしよう!

と考えてくれた皆さん、

本当に素晴らしい方々だと思います。

できるだけ歯科医院で働くための

ハードルを下げられるよう、

お伝えしていきたいと思います。

就職のあっせんはやっていませんが、

質問、疑問はお気軽に相談してもらえれば、と思います。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました