一般の歯のはなし

一般の歯のはなし

レントゲンは正か邪か?被ばく量は大丈夫なの?

歯医者に限らず、レントゲン撮影は今日必須の診断の手段となりました。何かリスクはないのでしょうか。是非とも正しい知識を身につけて安心してレントゲンを撮ってもらえれば、という目的で解説していきたいと思います。
一般の歯のはなし

リタイア前にやるべきだった健康の後悔。驚くべき第1位は・・・??

数年前、リタイア前にやるべきだった健康の後悔のランキングが紹介されていました。さて、気になる第一位は・・・!?今は若い方でもやがて訪れる未来です。結果を予想しながら記事を読んでみてくださいね♪
一般の歯のはなし

美しい歯にしたい -セラミック治療について考察する-

近年、歯科においてセラミック治療が大きなトレンドとなってきました。銀歯ばかりだった時代から比べて、天然の歯に近い美しい歯が実現できるようになりつつあります。さて、セラミックとはどういうものでしょうか。簡単にせまっていきたいと思います。
一般の歯のはなし

臭いが気になる季節がやってきた!臭いの強い食べ物は・・・?

だんだん初夏の香りがしてきました。さて、暖かく明るい季節は良いんですが、どうしても同時に気になるのは臭いです。今回は臭いについての一つの考え方と、臭いの強い食べ物について紹介していきたいと思います。
一般の歯のはなし

時代はメタルフリーに。-銀歯が無くなっていくのか-

歯科の世界でもメタルフリーということが叫ばれるようになってきました。金属を用いずにレジンやセラミックといった非金属を用いることで、人体に与える悪影響を減らそうという考え方です。それについての見解を書いていきたいと思います。
一般の歯のはなし

歯が溶ける!?酸っぱいものにはご用心

歯の酸蝕症と言えば、昔は職業性の病気と位置付けられていましたが、最近は生活習慣病の一つとして注目されるようになってきました。酸によって歯が溶けるとはどのようなことでしょうか。せまっていきたいと思います。
一般の歯のはなし

一目でわかる!?だらだら食べがいけない理由とは

だらだら食べ、だらだら飲みが良くないという話を聞いたことがあるでしょうか。歯医者の立場として、なぜいけないのか、できるだけ判りやすくせまっていきたいと思います。
一般の歯のはなし

〇カ月に1度-歯医者に行く間隔はどのくらい??-

歯医者に行く間隔はどれくらいが正解でしょうか。これは実は年齢や生活スタイルによっても異なってくると思います。小児から一般歯科まで大体の目安についてお伝えしたいと思います。
一般の歯のはなし

虫歯になるための3要素とは!?-カイスの輪とは-

今回はむし歯になるための3要素の「カイスの輪」ということについて紹介していきます。逆に言えば、これらの要素の一つでも取り除けば、むし歯のリスクは減るということですね。当てはまっているものはないか?チェックしてみましょう(*´▽`*)
一般の歯のはなし

予防は禁句?歯科における医療保険の制度とは

医療保険のスタートの時期は大体昭和33年あたりからでした。虫歯を削り詰めたり、入れ歯を入れたりということを主としてきたのがはじめの頃でしたが、時代とともに医療保険の内容も変化してきました。現在はどのようになっているかできるだけ簡単にお伝えしたいと思います。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました